2008年05月12日

『セックス・アンド・ザ・シティ』NYでの公開間近



1998年〜2004年にかけて放送され、
世界中で多くのファンを獲得してきた大人気テレビドラマの映画化。

脚本の遅れやキャストのスケジュールの関係で映画化の話は
のびのびになっていたようですが満を持しての公開となりました。

遅ればせながら私も見始め、やっとSeason2最終回まできましたが、
本当に面白い作品です。
独身の自由でフランクな恋愛を謳歌している彼女たちが
とても羨ましく感じたり、女性の弱さを見てこちらも辛くなったり・・・

女性にも男性にも恋愛の教科書となるようなドラマです。
映画が始まる前にSeason6まで見終えないと!!!

posted by ヨメ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

衝撃作「美しすぎる母」予告ムービー



実在の事件をベースに描かれた作品。

ジュリアン・ムーアは本当に素敵な女優さん。
「ことの終わり」や「めぐりあう時間たち」など、
素敵な作品も多くありますが、
時々作品選びを間違えるというか、選んでないというか、
たまにものすごいことやらかしてしまいます。

でも、この映画は期待できそう!!
posted by ヨメ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

「痛いほど君が好きなのに」予告編



イーサン・ホーク監督作!!!
私の好きな「ビフォア・サンセット」でも脚本に参加していたイーサンが、今度は数年前に出版した自伝的小説を自ら映画化。
最近のイーサンは痩せたせいかやけに老けちゃってますが、やっぱりかっこいいわ。
広告を見たときから気になっていた今作。
予告をみてもなかなか面白そう!
要注目です。
posted by ヨメ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

6人が演じるボブ・ディラン 予告ムービー



なかなか面白いアプローチですよね。
興味深い!
posted by ヨメ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

第80回アカデミー賞発表





ストが終わって本当に良かった。
やっぱりお祭りですから、やっていただかないと!
でも、浅野さんは残念でしたね・・・。


posted by ヨメ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

ウォン・カーウァイ最新作 予告ムービー



グラミー賞受賞歌手 ノラ・ジョーンズを主演に迎えたウォン・カーウァイ監督の最新作。
実力派豪華出演陣も魅力的。
カンヌのオープニングを飾った注目作です。

立ち直れないほどの
失恋をした
posted by ヨメ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

映画監督の市川崑さんが死去



犬神家の一族での舞台挨拶が記憶に新しいところですね。
もう一本映画を撮りたいと仰っていました。
生涯現役。最期の最期まで映画人でした。

<関連記事>
「黒い十人の女」
ラベル:市川崑
posted by ヨメ at 23:47| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画>ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

ヒース・レジャー 死因は事故死と判明



「ブロークバック・・・」で演技的にも認められ、「バットマン」でのジョーカー役も注目されていた矢先に・・・・。
このニュースは本当に残念でした。
posted by ヨメ at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

ハリウッドの実写版『ドラゴンボール』、主要スタッフとキャスト決定



何年の前から噂となっていたドラゴンボール実写化が、
ついに動き始めました。
20世紀FOXが2008年製作映画として発表した三作品のうちの一つが「ドラゴンボールZ」だと聞いたときは、FOX本気か!とかなりびっくりしたものです。
残念ながら孫悟空はアジア系俳優とはいきませんでしたね。
posted by ヨメ at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

第64回ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞は



『ブロークバック・マウンテン』に続いて2度目の金獅子賞受賞。
アン・リー監督乗りに乗ってますね。
トニー・レオンが主演ということで俄然注目(ヨメ的に)の今作。
お相手の女優は映画初(?)のようですが、過激な性描写も手伝ってか、かなりの注目女優に躍り出たとか。

審査委員長が同じ中国圏のチャン・イーモウだということで、記者達からは少しケチがついたようですが、楽しみに公開を待ちたいと思います。
posted by ヨメ at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

北野武 第64回ヴェネチア国際映画祭に登場



自分のために賞が出来るなんて、
しかもそれがヴェネチア国際映画祭なんて、
すごすぎ!
posted by ヨメ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

「四月の雪」情報

ヨン様主演 「四月の雪」 9/17(土)全国ロードショー

「四月の雪」

ヨン様が七三分けだと朝からメディアは大騒ぎ
七三だろうがスキンヘッドだろうがどうでも良いわいと思っていたらなんと監督はあのホ・ジノ監督だと判明。びっくりでした

今まで全く興味がなかったただの『ヨン様主演映画』が、私の『一番見たい映画』に一瞬にして変わってしまいました

ホ・ジノ監督の映画はすばらしいです監督の作品は台詞が少なく映像でじっくり見せるタイプの映画です。ヨン様は、台詞も多く大きな演技を要求されるテレビドラマの出身なので、いろいろ大変だったんじゃないかと思います。

【内容】
2005年 韓国
監督:ホ・ジノ
出演:ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン

インス(ヨン様)は妻の交通事故の知らせを聞き、病院に向かう。病院には妻と見知らぬ男が重態のまま意識が戻らないでいた。妻は不倫をしていたのだ。
インスは、その見知らぬ男の妻ソヨンに出会う。同じ悲しみ、苦しみを持った二人はいつしかお互いを意識し始める。

ひらめき関連お勧め作品

ホ・ジノ監督特集
「八月のクリスマス」
1998年 韓国
 ※主演は「シュリ」のハン・ソッキュ。不治の病というありがちなテーマを一味ちがった仕上がりにしています。山崎まさよし主演で日本でリメイク。9/23公開

「春の日は過ぎゆく」
2001年 韓国
 ※会いたい、会いたい、会いたい。付き合い始めはみんなこんな感じでも春の日は過ぎ行くものです。
posted by ヨメ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。