2009年03月04日

「ピースオブケイク」ジョージ朝倉

ピースオブケイク 5 (5) (Feelコミックス)
ピースオブケイク 5 (5) (Feelコミックス)ジョージ朝倉

祥伝社 2009-02-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ピースオブケイク 3 (3) (Feelコミックス) ピースオブケイク 4 (4) (Feelコミックス) ピースオブケイク 2 (2) (Feelコミックス) ピースオブケイク 1 (1) (Feelコミックス) ハッピーエンド (KCDX―MEPHISTO COMICS (1519))


久々に漫画の紹介をしたいと思います。
先月最終巻が発売され完結しました。
大判女性コミックってある程度大きな本屋さんへ行かないと全巻大人買いは難しいんですよね。
でも、お勧めなんで探してみて下さいまし。

主人公はやりたい仕事も分からず、なんとなくフリーター生活に。DV彼氏とはビクつきながら付き合ってたけどあっさり振られてアレッて。私は彼とちゃんと向き合ってたのかな?なんて彼の言葉の一つ一つを思い出し罪悪感に駆られる日々。
そんなある日新たな出会いをするんだけど、その男性には同棲中の彼女がいて・・・。

自分がダメ人間だからか、主人公がダメ人間だと親近感が沸いちゃってみていました。何となく生きて何となく楽なほうに流れて行ってる自分。絵もキレイだし、このリアルな感じが良いですね。

posted by ヨメ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

「大奥」著:よしながふみ

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))
大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))

大奥は大奥でも、こちらは男女逆転物語です!!

続きを読む
posted by ヨメ at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

「3月のライオン」著者:羽海野チカ

「ハチミツとクローバー」の羽海野チカの最新作がついに登場です。
いろんな女性コミック誌を渡り歩いた羽海野さんですが、
今回は『ヤングアニマル』という青年誌でスタートしておりました。
→詳しくはコチラ

45921451193月のライオン 1 (1) (ジェッツコミックス)
羽海野 チカ
白泉社 2008-02-22

by G-Tools

続きを読む
posted by ヨメ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

著者:西原理恵子「いけちゃんとぼく」

某テレビ番組で『最も泣ける本』の第一位になった本が
右斜め下コレ「いけちゃんとぼく」です。

いけちゃんとぼく
いけちゃんとぼく

続きを読む
タグ:西原理恵子
posted by ヨメ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

「もやしもん」5巻&アニメ化情報

4063521923もやしもん 5―TALES OF AGRICULTURE (5) (イブニングKC)
石川 雅之
講談社 2007-06-22

by G-Tools


フジのノイタミナに今度は『もやしもん』登場です。
続きを読む
posted by ヨメ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

「君と僕。」著者:堀田きいち

これもまた友達が貸してくれた漫画。
どんなジャンルの漫画なのかと聞かれると
説明が難しく困ってしまうのですが、
全体的にゆる〜い感じなんですが、
ホロリとしちゃう優しいストーリーです。

絵もそうですが、結構癒し系です。素敵です。
詳しくはコチラ

君と僕。 1 (1)君と僕。 1 (1)
堀田 きいち


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by ヨメ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

「舞姫 (テレプシコーラ)」著者:山岸凉子

第7回講談社漫画賞少女部門受賞を受賞した『日出処の天子』Amazonで詳しく見るで有名な山岸凉子が雑誌『ダ・ヴィンチ』で連載している漫画です。

現在第一部が完結していて、単行本も10巻まで出ています。
これを機に読み始めているのですが、とにかくすごい内容です。
バレエの細かい描写やバレエダンサー達特有の苦悩はもちろん、学校生活や家庭環境などでの重く複雑なストーリーも絡め描かれています。

これはもう少女漫画というジャンルには入れられないんじゃないでしょうか。『日出処の天子』を読んだときも衝撃的でしたが、この漫画ももの凄いです。(こんな表現しか出来ない私をお許しください)

舞姫(テレプシコーラ) 1 (1)
舞姫(テレプシコーラ) 1 (1)山岸 凉子

メディアファクトリー 2001-06
売り上げランキング : 2623

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
舞姫(テレプシコーラ) 2 (2) 舞姫(テレプシコーラ) 3 (3) 舞姫(テレプシコーラ) 4 (4) 舞姫(テレプシコーラ) 5 (5) 舞姫(テレプシコーラ) 6 (6)

posted by ヨメ at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

「神の雫」原作:亜樹直 作画:オキモト・シュウ

お酒の強い友達のお勧め漫画るんるん

世界的なワイン評論家を父に持ちながらワインを全然飲んだことがないという主人公。しかし、父の遺言によりワインへ向かい合わなくてはならなくなってしまう。
ワインは全く素人だが、彼の持つ天才的な嗅覚と様々な仲間達との出会いによって父の出した試練を乗り越えていく。

青年コミックとは思えないほど線の細い美しい絵。ストーリーもワイン入門編といった感じで、丁寧にワインの面白さを教えてくれます。ワインはほとんど飲めませんが(笑)、すごくワインが飲みたくなる漫画ですぴかぴか(新しい)

神の雫 1 (1)
神の雫 1 (1)オキモト シュウ 亜樹 直

講談社 2005-03-23
売り上げランキング : 6950

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
神の雫 2 (2) 神の雫 3 (3) 神の雫 4 (4) 神の雫 5 (5) 神の雫 6 (6)

posted by ヨメ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

「蟲師」著者:漆原 友紀

アフタヌーン公式HP
アニメ「蟲師」公式HP
映画「蟲師」公式HP

オダギリジョー主演で3月24日(土)に「蟲師」が映画化!
友達からの勧めもあり、こちらにも手を出してしまいました。
映画を観てから原作をっという方針だった私ですが、ついつい魔が差してしまったというか・・・。漫画はとても面白かったです。

人間のすぐ近くに共存しているのにその生態があまり知られていない蟲という存在。その蟲と人間の間に立つ存在『蟲師』。蟲師のギンコが旅をする中で出会う人々とのエピソードを、一話完結で描いているのがこの漫画「蟲師」です。

不思議な蟲の世界に魅せられますよ〜。

蟲師 (1) アフタヌーンKC (255)
蟲師 (1)  アフタヌーンKC (255)漆原 友紀

講談社 2000-11
売り上げランキング : 1096

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
蟲師 (2)  アフタヌーンKC (284) 蟲師 (3) 蟲師 (4) 蟲師 (5) 蟲師 (6)

posted by ヨメ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

「もやしもん」著者:石川 雅之

また新しい漫画に手を付けてしまいました。
以前「のだめカンタービレ」15巻の記事の際に、チラッとご紹介しましたが、友達に借りてただいま読んでいる真っ最中。

もやしもん 1―TALES OF AGRICULTURE (1)
もやしもん 1―TALES OF AGRICULTURE (1)石川 雅之

講談社 2005-05-23
売り上げランキング : 574

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
もやしもん 2―TALES OF AGRICULTURE (2) もやしもん 3―TALES OF AGRICULTURE (3) もやしもん 4―TALES OF AGRICULTURE (4) 週刊石川雅之 人斬り龍馬

続きを読む
posted by ヨメ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

「ラフ」著者:あだち充

あだち充は大好きは漫画家さんです。
「タッチ」「ナイン」「H2」など野球漫画が多いですが、この「ラフ」は水泳選手のお話です。そして、顔をあわせれば憎まれ口ばかりの商売敵の娘 二ノ宮亜美は飛び込みの選手。やっぱり今回も「タッチ」の南ちゃんバリのサービスショット満載です。

そんな二人が徐々にお互いを意識していく感じや、人と争うことを嫌うお人よしな主人公が譲れないものを見つけていく過程など、下手な説明や台詞を省いて絵だけでゆっくり示していく造り方がとても大好きです。

ラフ (1)
ラフ (1)あだち 充

小学館 2006-06-16
売り上げランキング : 11746

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ラフ (2) ラフ (3) ラフ (4) ラフ (5) ラフ (6)

posted by ヨメ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

「働きマン」著者:安野モヨコ

最近はまってる漫画です。
フジテレビのノイタミナでアニメが放送中の漫画です。
ファッション雑誌などでも結構取り上げられていて、かなり気になっていたのですがついに買ってみちゃいました。

週刊誌の編集をやっている松方弘子28歳。
サプリよりもっと仕事に重点を置いていて、さらに男性女性ともに共感できるような漫画になっていると思います。

働きマンの面白いところは、さまざまなタイプの人たちがそれぞれ主人公になって、一話一話展開されていくというところでしょう。『あやまりマン』『むくわれマン』『お姫さまマン』など、会社に一人はいそうだな〜と思うような人たちを、彼らなりの正義と言い分をもって描いてくれています。
いろんな働きマン達にちょっと感動です。

かなりお勧めな漫画でするんるん

働きマン (1) 働きマン (2) 働きマン 3 (3)

解説しよう!!
働きマンになると血中の男性ホルモンが増加して
通常の三倍の速さで仕事をするのだ
その間寝食恋愛衣食衛生の観念は
消失する
posted by ヨメ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

アニメ「DEATH NOTE」放送日

10月3日アニメ「デスノート」放送開始exclamation×2

渋谷を歩いていたら、「デスノート」の宣伝カーが行ったり来たりしておりました。
いよいよ10月3日深夜24時:56開始だそうです。

日テレ「DEATH NOTE」公式HP
右斜め上ライトの顔が悪いな〜〜

□■声の出演□■
かわいい夜神月:宮野真守
かわいいL・竜崎:山口勝平
かわいいリューク:中村獅童
かわいい弥海砂:平野綾


posted by ヨメ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

「デスノート」アニメ化決定

「NANA」みたいですね。
ついにっというか、案の定というか、
「デスノート」のアニメ化が決定したそうです。

日本テレビ系列で10月から放送予定。
日本テレビというと「NANA」の後にやるのかな?
でも、「NANA」はまだまだつづけるのか?

posted by ヨメ at 21:02| Comment(5) | TrackBack(2) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

「デスノート 後編」一部キャスト発表

7月1日
「デスノート」後編のキャストが発表となりました。

かわいい高田清美・・・片瀬那奈
かわいい出目川 ・・・マギー(元ジョビジョバ リーダー)

後編には高田と出目川が出るとは・・・漫画の途中で終わるとばかり思っていた私。コレは最後までやりますね。そして、結構オリジナルな展開になるようです。
前編も上手くまとまっていましたし、後編もちゃんと最終回までつなげてくれるでしょう。

映画「デスノート」公式HP
posted by ヨメ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

『デスノート』12巻〜最終巻〜

ついにデスノートが完結となりました。
とにかくどういう最終回を迎えるか気になってきになって、
心待ちにしていた最終巻。読破です。

私はなっとくの最期でした。
個人的な「こうなってほしい」という願望はありましたが、
コレでいいのだと思いました。

12巻は他の巻にもまして、文字数が多くて大変でした。
本当に漫画?!って感じです。

映画ではここまでやらないでしょうから、どういうラストを
考えているのでしょう。秋が楽しみですexclamation
DEATH NOTE 12 (12)
DEATH NOTE 12 (12)
大場 つぐみ 小畑 健

関連商品
Death note (11)
Death note (9)
Death note (10)
DEATH NOTE (8)
ONE PIECE 巻42 (42)
by G-Tools


DEATH NOTE HOW TO READ 13 初回限定特装版
DEATH NOTE HOW TO READ 13 初回限定特装版


posted by ヨメ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

「サプリ」著者:おかざき真里

祥伝社フィールヤングで連載中の漫画「サプリ」。
キレイな装丁に惹かれて買ってみたのですが、
大正解でした!
働く女を描いた大人の漫画です。
7月からフジの月9でドラマ化されるらしいです。

サプリ 1 (1)   サプリ (2)   サプリ 3 (3)


主人公は広告代理店でCMをつくる仕事をしている。15秒の凝縮された世界に魅せられ、昼も夜もなくバリバリ働いている27歳。7年付き合っている彼氏には「俺と仕事とどっちが大事?」なんて質問される始末。
女がずっと仕事を続けていくって・・・・女が女でいるためには・・・・。

作者自身、博報堂でCMプランナーをしていた経験があるだけあって仕事の描写がとてもリアルです。悩んだり苦しんだり迷ったり、でも主人公の仕事へ欠ける情熱がとても真っ直ぐで気持ちいいです。

40歳独身女上司のヒラノさんの言葉は堪えます。

いい仕事をする。いい女でいる。いい恋をする。
う〜〜ん、難しいね。

服とか流行とかおいしいものとか・・・・
武器はいっぱいあるのに
たったひとつ、「かわい気」だけがない------


posted by ヨメ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

『デスノート』画:小畑健 原作:大場つぐみ

最近少年「週刊少年ジャンプ」で連載中?(もう最終回かも)の『DEATH NOTE』にハマッています。

今月に前編、10月に後編の2作の公開が既に決定しているとの事。
コミックは今のところ11巻まで発行されていて、1400万部以上の売り上げているそうです。先日のカンヌでは、試写前からアジア・ヨーロッパから買い付けが殺到したとか。人気漫画の映画化とあって、世界からも注目されているようです。
映画「デスノート」公式HP

●●映画キャスト陣●●
かわいい夜神月・・・・・・・藤原竜也
かわいいL・・・・・・・・・・・・松山ケンイチ
かわいいリューク・・・・・中村獅童(CGのため声だけの出演)
かわいい南空ナオミ・・・瀬戸朝香
かわいい秋野詩織・・・・・香椎由宇(映画オリジナルキャラ)
かわいいレイ・イワマツ・細川茂樹(漫画ではレイ・ペンバー)
かわいい弥海砂・・・・・・・戸田恵梨香
かわいいワタリ・・・・・・・藤村俊二 (ハマッてる〜おひょいさん万歳!!)
かわいい夜神総一郎・・・鹿賀丈史

DEATH NOTE (1)DEATH NOTE (1)
大場 つぐみ 小畑 健

DEATH NOTE (2) DEATH NOTE (3) DEATH NOTE (4) DEATH NOTE (5)    ジャンプ・コミックス DEATH NOTE (6)    ジャンプ・コミックス

by G-Tools


posted by ヨメ at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

「リバーズ・エッジ」著者:岡崎京子



「リバーズ・エッジ」冒頭より
あたし達の住んでいる街には
河が流れていて
それはもう河口にほど近く
広くゆっくりよどみ、臭い
河原のある地上げされたままの場所には
セイタカアワダチソウが
おいしげっていて
よくネコの死体が転がっていたりする


男の子の勧めで読んだ作品。
内容の説明はちょっと難しいですが、フランス映画みたいな雰囲気の作品でした。

なんて説明したらいいのか・・・う〜ん・・・。
とにかく、ズキュンって撃たれちゃいました爆弾

結構痛くって、でもどこか不思議な安心感(この表現変かしら?)を感じちゃったりして。

岡崎さんは、数年前の事故で現在休筆中のようです。
すごく残念・・・たらーっ(汗)他の作品も読んでみようと思いました。
posted by ヨメ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

「脂肪と言う名の服を着て」著者:安野 モヨコ

自分の容姿に自信がない主人公。
会社では、キレイな容姿の同僚に馬鹿にされ、上司にはバカ呼ばわり。
でも、自分を愛してくれる彼氏の存在が主人公の心を支えていたのだが・・・・

脂肪と言う名の服を着て 完全版
脂肪と言う名の服を着て 完全版


心を閉ざして生きている主人公が、努力して痩せて
キレイになっていく話かと思ったら大間違いでした。
人生そんなに単純じゃなかった・・・・

なんかとても凹みました。

自分はいろいろなことをどうやって決断してるだろうか?
自分の意思で決めてるかな、人のせいにしてないかな?


そう問いかけ続けた一日でした。
posted by ヨメ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本>その他コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。