2008年05月26日

カンヌ映画祭 パルムドール決定



フランス映画『Entre les Murs』が受賞。
今年の審査委員長はショーン・ペン。
カンヌは審査委員長の影響力が強くでる映画祭だと言われています。

過去にクリント・イーストウッドが審査委員長を務めた時に「パルプフィクション」がとり、タランティーノの時は政治的背景の強いドキュメンタリー「華氏911」が獲得。
今回はまたアメリカ人審査委員長ということで変な注目を浴びておりましたが、インタビューでも、開会式でも『ひいき』はないと、強く語っていたショーン・ペン。カンヌでも主演男優賞をとったこともある実力派俳優だけに、今回のパルムドール『Entre les Murs』は非常に気にあります。
posted by ヨメ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。