2006年01月29日

「アメリカの影」

1961年 アメリカ
監督:ジョン・カサヴェテス
出演:レリア・ゴルドーニ, ヒュー・ハード

【内容】
ニューヨークで一緒に暮らす黒人と白人のハーフの三人の兄弟。一番上の兄は、黒人と言う容姿からの差別によって仕事が上手くいかないでいた。下の二人は、見た目は白人。しかし、末の妹はハーフだと言うことが彼氏にばれ、振られてしまう。

◆◆感想◆◆
カサヴェテス初監督作品
ビデオの最後に「即興演出による」と出てくるとおり、
この作品は、スタジオも脚本もない状態で作られた、インディベント作品だそうです。

たしかにドキュメンタリーっぽく描かれ、ニューヨークの日常が切り取られている感じがします。
黒人の血の入った3人の兄弟の苦悩が描かれた映画なんだと思いますが、日本で生まれ育った私には身近な問題には感じられず、彼らの苦悩がピンときません。
しかし、さまざまな人種のサラダボールと言われるアメリカ・ニューヨークでは、人種差別はまさに大きな影なのでしょうね。

三兄弟の仲の良さには救われます。

愛情表現が直接的で、兄弟が支えあっているのが心地よく感じられました。

「白いカラス」というアンソニー・ホプキンス主演映画を思い出しました。
彼は、白人の容姿をしながらも差別から逃れるため、人種を偽るという孤独な決断をします。
SHADOWSですね。


アメリカの影
レリア・ゴルドーニ ヒュー・ハード ベン・カラザーズ

アメリカの影
ビデオメーカー 2002-05-24
売り上げランキング : 27,775

おすすめ平均 star
star生々しい
starアメリカインディペント映画の父と言われた監督の青春映画。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by ヨメ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>映画【あ行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。