2005年09月04日

「オールドボーイ」

2003年 韓国
監督: パク・チャヌク
出演: チェ・ミンシク, ユ・ジテ

【内容】
オ・デス(チェ・ミンシク)は、ある日突然何者かにさらわれ監禁されてしまった。15年後・・・・訳も分からないまま解放され、一人の女性と出会う。なぜ、何のために自分は監禁されたのか?犯人は誰なのか?何の恨みがあるのか?まったく何も分からないまま、彼は見えない敵へ復讐する事を決意する。

オールド・ボーイ スタンダード・エディションオールド・ボーイ スタンダード・エディション
チェ・ミンシク パク・チャヌク ユ・ジテ

ジェネオン エンタテインメント 2006-03-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆◆感想◆◆
面白かったです

主人公はなぜこんな目に遭わされるのか、そんなことは全く分からないままハラハラドキドキの展開が続いていきます。
カナヅチひとつで何十人もの男と戦うシーンは圧巻exclamation×2
ワンカットで一気に撮っていて迫力満点です。
そんなシーンがあるかと思うと、部屋の家具や衣装はオシャレで、小物を印象的に使っていました。

ユ・ジテは、「春の日は過ぎ行く」の穏やかなやさしい青年役とは全く違った一面を見せてくれています。
監禁の動機などは、原作のマンガとは変えてあるそうです。
最後は「えっ!?」って感じですよ

ひらめき関連お勧め作品

「ハッピーエンド」
1999年 韓国 監督:チョン・ジウ
 ※チェ・ミンシクがすごいです。題名からラブラブ映画かと思いきや、なかなか深い作品でした。かなりお勧め
posted by ヨメ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>映画【あ行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14574799

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。