2009年05月27日

カンヌ映画祭パルムドール決定



今年のパルムドールはミヒャエル・ハネケ監督の
「Das Weisse Band」が選ばれました。

カンヌは審査委員長の影響が強く出る映画祭と言われていますが、
今回もその影響が強く出た結果と言えるかもしれません。
今年の審査委員長はイザベル・ユペール。
彼女はハネケ監督による「ピアニスト」で主演を務め、
同じくカンヌで女優賞を受賞しています。

いちゃもん付けているように聞こえちゃうでしょうが、
大好きな「ピアニスト」の監督ですから
パルムドールを受賞した今回の作品も大注目です。

posted by ヨメ at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。