2009年05月06日

「恋愛睡眠のすすめ」

2006年 フランス=イタリア
監督/脚本:ミシェル・ゴンドリー
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、シャルロット・ゲンズブール、アラン・シャバ、ミュウ・ミュウ、ピエール・ヴァネック

【内容】
愛しい人に夢でも会いたい、そんな願いが本当になったら?睡眠中に恋愛するというロマンティックなラブ・ストーリー。主人公には、ガエル・ガルシア・ベルナル(「アモーレス・ペロス」)が扮し、その恋の相手を演じるのはシャルロット・ゲンズブール(「レミング」)。監督・脚本は「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリーである。
恋愛睡眠のすすめ(2006) - goo 映画


B000T6DUV6恋愛睡眠のすすめ スペシャル・エディション
ガエル・ガルシア・ベルナル.シャルロット・ゲンズブール.アラン・シャバ.ミュウ=ミュウ, ミシェル・ゴンドリー
角川エンタテインメント 2007-10-05

by G-Tools


◆◆感想◆◆
大好きな「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー作だし、出演者も素敵っということで大期待で見たのですが、ちょっと私には難しかったかな(汗)

子供の頃からと現実が混同してしまいがちな主人公ステファン。父の死を機に母を訪ねてやってきたパリで素敵な女性ステファニーと出会う。

絵の仕事をしたいとパリで仕事を探すステファンには、クリエイティブなステファニーはとても魅力的に見えたことでしょう。二人で少し興奮しながら船の話をするところなんて子供のような表情でとてもキュート

冷めた目で見てしまえば唯の変質者(笑)ですが、ロマンティックだと言えばこれ以上ないほどロマンティック。初めてシャガールの絵を見たときのような気持ちに似ているかも。

とにかくガエルがきゃわいいし、
ロシアのアニメーションのような小道具や演出がメルヘンチックで癒されます。
あの馬に乗って空を駆け回りたいよね。



posted by ヨメ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画>映画【ら行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画『恋愛睡眠のすすめ』
Excerpt: 原題:La Science des Reves/The Science of Sleep ヒトのノンレム睡眠からレム睡眠の周期は約90分、統計的に1日7時間睡眠が最も長生きできるという・・夢もうつつ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2009-05-06 20:00

「恋愛睡眠のすすめ」 夢の中へ・・・
Excerpt: 夢・・・、最近はみていないですね。 もしかするとみているのかもしれないけれど、朝
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2009-05-16 21:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。