2008年07月01日

「キング・コング」2005

2005年 アメリカ
監督:ピーター・ジャクソン
出演:ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック、エイドリアン・ブロディ、アンディ・サーキス、ジェイミー・ベル

【内容】
1933年、大恐慌時代のニューヨーク。売れない女優のアン・ダロウは芝居小屋が突然閉鎖になり路頭に迷う。そんな彼女を救ったのは、出資者から見離された映画監督カール・デナム。彼は幻の島へ行って冒険映画を撮ることに賭けていた。最初は彼の誘いに抵抗を感じたアンだが、脚本が憧れのジャック・ドリスコルのものだと知り・・・
キング・コング(2005) - goo 映画


B000I5XMFWキング・コング デラックス・エクステンデッド・エディション(3枚組)
ピーター・ジャクソン ジェームズ・ニュートン・ハワード フラン・ウォルシュ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-11-30

by G-Tools


◆◆感想◆◆
ピーター・ジャクソンの「キングコング」観ました。

パニックものにしては演技派を揃えてるな〜っと
気にはなっていたものの、正直あまり興味が湧きませんでした。
でもでも、やっぱりピーターはすごいのね。

人生を諦めているような喜劇女優にナオミ・ワッツ。
キングコングには欠かせない金髪美女ですが、幸の薄そうな佇まいがただの金髪美女に終わらせてない、そんな女優さんです。

エイドリアン・ブロディ演じる脚本が妙に強くて勇敢なところや、ジャック・ブラックの異常なまでの執着心や信念など、見所はいろいろあります。
でも、やっぱり一番驚かされたのは完璧なCGですかね。
太古の時代から時間の止まってしまったようなスカル島では、迫力満点のジェラシックパークが繰り広げられます。
恐竜に対してリアルって言うのも変ですが、重量感などがすごくリアリティがあり、CG映像を見てるだけで感動ものでした。

後半はアンとコングの恋物語です。

恐ろしい化け物だと思っていたコングに対して、信頼を寄せるようになる過程は実にスムーズ。
草原での三つ巴シーンはとても象徴的でした。

コングもちょっと(?)大きなゴリラに見えてきてとても愛らしいんですよね。
ちょっとしたことで飛んだり跳ねたり喜んだり。
夕日を見つめる二人がとてもキレイで・・・。

CGってここまで来たんですね。
私のCG知識は、マトリックスで止まってたみたいです(汗)



■2005年版

映画ポスター『キング・コング』   PETER JACSON'S キング・コング オフィシャル ゲーム オブ ザ ムービー   PETER JACSON'S キング・コング オフィシャルゲームオブザムービー

キング・コングができるまで 製作日記 フィギュアBOX



■1933年版

キング・コング  1933年映画版「KING KONG」 PVCフィギュア キング・コング   1933年映画版「KING KONG」 PVCフィギュア 暴君竜

posted by ヨメ at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>映画【か行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。